記事リスト

自己破産で手続き

男女

同時廃止と管財事件

債務整理の手続きの中で、自己破産は裁判所に支払い不能と認めてもらうことで免責となり、相談者が借金のすべての返済を法的に免れることができる債務整理の手続きです。そのため、毎月給料が入ってもほとんどが借金の支払いに消えていましたが、免責となることでその収入の使い道は自由で生活費に充てることもでき、精神的にも開放される手続きなのです。借金の返済が不要になる手続きではあるのですが、弁護士に依頼して債務整理を行う手続きの中では弁護士費用も高いのです。自己破産の着手金費用ですが、同時廃止と管財事件で異なります。同時廃止とは、処分できる高額な財産を保有していない方ができる簡単な手続きのことで、破産開始手続きの決定と同時に破産廃止の決定をする手続きです。同時廃止であると弁護士の着手金の費用は20万円〜30万円程になります。任意整理だと1社2万円〜4万円程度の着手金ですから高額な弁護士費用になります。管財事件であると着手金は30万円〜50万円程度になります。成功報酬ですが、裁判所に債務が免責と認められると成功報酬がかかりますが、着手金をとっているから0円という事務所もあります。また、自己破産は実費でいくらかかかります。申し立て時に1500円、公告費用として1万円程度かかります。同時廃止で手続きするならこれだけで終わりますが、管財事件となると20万円ほど必要になるので着手金などの弁護士費用と合わせると高額になります。

Copyright© 2018 債務整理の費用は?【住宅や車などの財産が没収】 All Rights Reserved.