記事リスト

自己破産にかかるお金

お金

実費と成功報酬

借金の返済をすることが、どう頑張っても困難で将来の収入から考えても到底返済できようなお金ではない、そういった方が辿り着く債務整理が自己破産です。自己破産で債務整理をすることによって、借金を返済する義務が無くなりますので、今後の生活を立て直しやすくなります。自己破産した事実は、信用情報機関に事故場情報として登録され、官報にも掲載されてしまいますが、信用情報登録期間は5年で長くても7年です。その期間が終了すると、情報が消去されますので新たにクレジットカードを作成したりローンを組むことも可能です。では、自己破産で債務整理をする場合に弁護士費用はどのくらいかかるのか、主な費用が着手金、実費、成功報酬の3つです。着手金とは、弁護士に債務整理を依頼して正式に着手した時に払うお金です。自己破産の着手金は、20万円〜となっています。法律事務所によっては着手金0円のところもあります。その代わり報酬金が高い場合があります。実費ですが、申し立て費用や裁判所への書類の郵送代、収入印紙、予納金、交通費、日当などがかかります。それぞれがどのくらい費用がかかるかについては、法律事務所や処理状況によって異なります。そして、成功報酬です。自己破産を裁判所に申し立てて認められた際に払うお金です。30万円程度が相場となっています。着手金を取る法律事務所は成功報酬0円としている事務所もあります。自己破産は、他の債務整理よりも高額な費用になります。一括での返済が難しい場合は分割にも応じてくれます。

Copyright© 2018 債務整理の費用は?【住宅や車などの財産が没収】 All Rights Reserved.